公務員になりたい転職したい人へ - 面接で合格するかという不安

公務員試験の面接で合格するかという不安

公務員試験の二次試験の面接に合格するには、面接の重要性を理解し、面接で実際に問われる事が多い質問を具体的に例に出して、自分の考え・気持ちを正確に伝えることが出来るように、事前に特化したトレーニングしておくことが大切です。

公務員試験の面接の重要性を理解し事前に特化したトレーニングを積む

公務員の採用に限らず、一般の企業でも就職採用の決定は学力や学歴のみでなされません

 

面接の重要性

 

公務員に成りたい、転職したいという人の人物全体で、その人を判断・評価して、採用・不採用が決められます。

 

近年では面接だけで採用・不採用を決める企業も少なくなく、面接での自己PRの重要性は益々高くなると言えますが、それは公務員の採用基準に於いても同じことが言えます。

 

正解の無い面接での答え

 

面接では人物・性格・特徴を判断

面接では人物・
性格・特徴を判断

ペーパー試験と違い、面接で問われる質問に正解はありません。

 

面接官は答えの内容から、その人の人物、性格、特徴を判断します。

 

そして、その判断で公務員として採用すべきかどうかを決めます。

 

答えが無いのであれば、事前に面接での質問対する回答を考えておくことは無駄と考える方もみえますが、それは大きな間違いです。

 

ライバルは一次試験をパスする事を前提に、一次試験の実施前から既に二次試験の面接での対策・準備を行っています。

 

どんな事でも、準備をして臨む者と、そうで無い者とでは差が出てしまうのは当然のことです。

 

意外に公務員試験の一次試験は通ったものの、二次の面接対策をしなかったため、残念な結果となる人は多いのが現実です。

 

面接のポイント

 

面接の重要なポイントは、自分の考え・気持ちを正確に伝えることに尽きます。

 

公務員を目指す志願の理由、公務員に成ったら、どんな姿勢・考えで公務員として仕事をするかなどなど、マイナス・ネガティブな質問にもプラス・ポジティブな前向きの返答に切り返し、それを正確に御伝えることが必要となります。

 

この点でライバルに差をつけることが大切な事であり、そのためには、面接で実際に問われる事が多い質問を、具体的に例に出して、それぞれレーニングしておくことが大切です。

 

公務員試験の面接で合格し採用されるには!

 

万全の体制で面接に挑むためには、上記のように具体的なトレーニングを積んでおくことが必要となります。

 

公務員試験の面接対策に特化した教材で事前に勉強し、対策・準備を万全にしておくべきでしょう。

 

コチラのページ「公務員面接試験一発合格必勝講座 / 面接官の心を掴む3ステップ」で、お勧めの教材をご紹介しています。

前のページ 次のページ
 

公務員試験の面接で合格するかという不安 関連ページ

公務員試験の一次試験に受かるかという不安
公務員試験の一次試験は、5つ用意された回答候補より正解を選ぶ五肢択一のテスト方式です。この一次試験に受かるためには、勉強し必要とされる知識を身に付け、さらに五肢択一という公務員試験独特の対策指導を受けるべきです。
学歴・ニート経験で公務員採用されるかの不安
公務員採用で学歴・ニート経験を心配する人は少なくないようですが、公務員採用は前歴を問いませんのでハンディーキャップとはなりません。採用されるべき成績を残すための、無駄のない公務員試験専用の勉強方法がポイントとなります。
高年齢・職歴で公務員採用されるかの不安
公務員採用では、高年齢であることも職歴も問われずハンディーキャップにはなりませんが、公務員への転職、再就職の場合は必ず前職の職歴の内容が問われます。自分が学んだ事をPRする面接シュミレーションを徹底的に繰り返しましょう。
公務員試験の高い倍率・競争率への不安
安定した立場の職業である公務員の倍率は、低くなる可能性は低いと思われます。ですが公務員試験は、学業レベルに関係なく受験できることが競争率を上げている側面があります。倍率・競争率の高さに惑わされず勝ち抜く意志が必要です。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead