公務員になりたい転職したい人へ - 学歴・ニート経験で採用されるかの不安

学歴・ニート経験で公務員採用されるかの不安

公務員採用で学歴・ニート経験を心配する人は少なくないようですが、公務員採用は前歴を問いませんのでハンディーキャップとはなりません。採用されるべき成績を残すための、無駄のない公務員試験専用の勉強方法がポイントとなります。

学歴・ニート経験は問われないが公務員試験専用の勉強方法がポイント

ニートで無職の期間があるが、公務員試験でハンディーキャップとなるのか…?

 

ニートでも公務員に成れます

 

ニート・無職の経験を持つ人が抱く不安は当然ですが、公務員の採用は前歴を問いません

 

但し官庁によっては新卒有利が有利である場合もありますが、現在、公務員として働いてみえる方々も全て新卒ではありません。

 

就職活動に失敗したり、また疾病など健康上の理由でニート・無職という経験を有している公務員の方々も決して少なくありません。

 

国としては門を広く開いている

 

アルバイトも職歴

アルバイトも職歴

更に言えば、国としても公務員採用に関して、民間採用を既卒3年目まではOKにするよう推奨しています。

 

また公務員試験の場合でも、申込書の職歴の欄に「アルバイト含む」と明記してあり、これはとりもなおさずアルバイトも職歴と認めるという証でもあります。

 

つまり止むを得ない事情に依り、無職であった、または正規の会社員では無くアルバイトをしていた事について公務員採用については何らハンディーキャップとはならない、という事です。

 

あくまでも公務員になりたい、という本人の意思が重要な要素となります。

 

それでも不安な人へ!

 

それでも自分の経歴に対して不安を持つ人は、やはり一次試験でも二次試験でも、他のライバルよりも優れた成績を納める事が大切なこととなります。

 

ハンディーキャップが有る無いに関わらず、どうしてもこの人は採用すべき、そう試験管に思わせる成績を残せば良いのです。

 

その為には猛勉強が必要ですが、しかし単に時間を掛けて人よりも多く勉強すれば良いというものでもありません。

 

物事には、どんな場合でもノウハウというものが有り、それを知っていると知らないでは無駄や差が出来てしまうのも事実です。

 

ニートから公務員に成るには!

 

従来の公務員試験勉強法、つまり参考書での知識の蓄積、過去の問題集を解いていく方法、それは公務員試験に臨むライバルの全てが行っている勉強法です。

 

その勉強法に、あるスキルを知る事でライバルから抜き出る事が可能となります。

 

ライバルに知られたくない、さまざまなスキルを公務員試験を指導する学校や指導者から学ぶことが重要なこととなります。

 

それらのスキルが学べるお勧めの学校や教材を、コチラのページ「公務員試験 お勧めの教材・書籍」でご紹介しています。

前のページ 次のページ
 

学歴・ニート経験で公務員採用されるかの不安 関連ページ

公務員試験の一次試験に受かるかという不安
公務員試験の一次試験は、5つ用意された回答候補より正解を選ぶ五肢択一のテスト方式です。この一次試験に受かるためには、勉強し必要とされる知識を身に付け、さらに五肢択一という公務員試験独特の対策指導を受けるべきです。
公務員試験の面接で合格するかという不安
公務員試験の二次試験の面接に合格するには、面接の重要性を理解し、面接で実際に問われる事が多い質問を具体的に例に出して、自分の考え・気持ちを正確に伝えることが出来るように、事前に特化したトレーニングしておくことが大切です。
高年齢・職歴で公務員採用されるかの不安
公務員採用では、高年齢であることも職歴も問われずハンディーキャップにはなりませんが、公務員への転職、再就職の場合は必ず前職の職歴の内容が問われます。自分が学んだ事をPRする面接シュミレーションを徹底的に繰り返しましょう。
公務員試験の高い倍率・競争率への不安
安定した立場の職業である公務員の倍率は、低くなる可能性は低いと思われます。ですが公務員試験は、学業レベルに関係なく受験できることが競争率を上げている側面があります。倍率・競争率の高さに惑わされず勝ち抜く意志が必要です。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead