公務員になりたい転職したい人へ - 試験の高い倍率・競争率への不安

公務員試験の高い倍率・競争率への不安

安定した立場の職業である公務員の倍率は、低くなる可能性は低いと思われます。ですが公務員試験は、学業レベルに関係なく受験できることが競争率を上げている側面があります。倍率・競争率の高さに惑わされず勝ち抜く意志が必要です。

公務員試験の倍率・競争率の高さは変わらないので勝ち抜く意志が必要

毎年発表される公務員試験の倍率・競争率を目にして、公務員になること、転職する事を諦める、また二の足を踏む人は少なくありません。

 

常に高い公務員試験の倍率・競争率

 

公務員試験の倍率は景気動向に依り変動しますが、しかし近年、公務員になりたい、公務員に転職したいと考える人は増加の一方です。

 

この倍率を見て、諦めてしまう人、果敢に挑戦する人と別れますが、当たり前ですが最初から諦めてしまっては、一生公務員に成ることは出来ません。

 

簡単な事ですが、この時点で諦めてしまうような人は、最初から公務員になる事は考えるべきではありません。

 

低くならない倍率

 

倍率は低くならない

倍率は低くならない

またこの倍率は、当分の間、低くなる可能性は極めて低いと思われます。

 

安定志向の是非はともかく、公務員に成りたい、転職したいと考える人の数は、今後も増加傾向にあるとされています。

 

つまり公務員試験に挑戦するのに、この倍率は余り関係が無いと言えるのです。

 

その理由は、毎年常に高い状態が続いており、つまり、いつ挑戦しても条件は同じだからです。

 

今挑戦しようと思わない人は、きっと来年も挑戦をしないでしょう。

 

倍率に惑わされない

 

また、この公務員試験の倍率というものには、ある特徴があると指摘されています。

 

高校入試、大学入試と違い、公務員試験というものは、就職のための試験で、学業の成績が規定のレベルで無いと試験を受けられないという規定はありません。

 

そのため、あわよくばダメもとで公務員試験を受ける人も、毎年それなりの人数となっていて、これが倍率を上げる1つの要因となっているとされています。

 

高い倍率・競争率に打ち勝ち公務員に成るには!

 

公務員試験の高い倍率に惑わされない、気にし過ぎないと言っても高いことも事実です。

 

その激しい、厳しい競争に打ち勝って、はじめて公務員という職種に就くことが出来るのです。

 

公務員試験の勉強では、ひたらすら過去問を解いていく勉強法が一般的な方法となりますが、そのポピュラーな方法に、試験解法テクニックをプラスすれば、精神的な余裕も生まれ、鬼に金棒で試験に臨むことが出来ます。

 

お勧めの公務員試験合格の為の「学び」の情報は、コチラ「公務員試験 お勧めの教材・書籍」となりますので、ご参考にして下さい。

前のページ 次のページ
 

公務員試験の高い倍率・競争率への不安 関連ページ

公務員試験の一次試験に受かるかという不安
公務員試験の一次試験は、5つ用意された回答候補より正解を選ぶ五肢択一のテスト方式です。この一次試験に受かるためには、勉強し必要とされる知識を身に付け、さらに五肢択一という公務員試験独特の対策指導を受けるべきです。
公務員試験の面接で合格するかという不安
公務員試験の二次試験の面接に合格するには、面接の重要性を理解し、面接で実際に問われる事が多い質問を具体的に例に出して、自分の考え・気持ちを正確に伝えることが出来るように、事前に特化したトレーニングしておくことが大切です。
学歴・ニート経験で公務員採用されるかの不安
公務員採用で学歴・ニート経験を心配する人は少なくないようですが、公務員採用は前歴を問いませんのでハンディーキャップとはなりません。採用されるべき成績を残すための、無駄のない公務員試験専用の勉強方法がポイントとなります。
高年齢・職歴で公務員採用されるかの不安
公務員採用では、高年齢であることも職歴も問われずハンディーキャップにはなりませんが、公務員への転職、再就職の場合は必ず前職の職歴の内容が問われます。自分が学んだ事をPRする面接シュミレーションを徹底的に繰り返しましょう。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead