公務員になりたい転職したい人へ - 一次試験に失敗した人 / 勉強時間は一日6時間以上最長10時間

一次試験に失敗した人へ 勉強時間は一日6時間越・最長10時間

公務員試験に合格した人の多くは1日6時間から8時間の勉強しており、予備校でもトータル1500時間が必要としています。試験1ヶ月前は10時間以上という話も多く、公務員試験は簡単な試験では無い事を認識する必要があります。

公務員試験は簡単な試験では無い事を認識しポイントをおさえた学習を

公務員試験と言っても、いろいろな種類があります。

 

しかし一つ頭においておいて欲しいのは、「公務員試験は決して簡単ではない」という現実です。

 

公務員試験は甘くない!

 

ポイントをおさえた専用学習を

ポイントをおさえた
専用学習を

かつて、「デモシカ教師」や「デモシカ警官」と揶揄された時代がありました。

 

これは、「就職試験は厳しそうだし教師にでもなるか」「企業に採用されなくて、警察官にしかなれなかった」という意味で、簡単になれる職業の代表とされていたのです。

 

しかし今は、このような考えはまったく時代遅れです。

 

決して簡単な試験では無い!

 

公務員試験を受けて合格した人の多くは、1日6時間から8時間の勉強時間を取っており、予備校などでも「トータル1500時間の勉強が必要」としています。

 

1日8時間勉強したとしても、200日近い期間が必要ということですね。

 

公務員試験直前の1ヶ月は10時間以上という話も多く、決して簡単な試験ではありません。

 

学生ならばまだいいのですが、転職先として公務員を考えている人にとっては、かなり過酷な現実と言えるでしょう。

 

仕事が18時に終わるとしても、帰宅が19時。

 

そこから1時間の風呂や夕飯などを抜き、残りで勉強したとすれば、6時間であっても寝るのが2時です。

 

残業などがある人の場合、最低1年は見ておかなければなりません。

 

公務員試験ならではのポイントをおさえた学習を!

 

もちろん、参考書だけで公務員試験に合格できる要領のよい人もいます。

 

周囲に試験に詳しい人がいればそれも有利です。

 

しかし大抵の人は、「どこが大事か」を分からない徒手空拳な状況でしょう。

 

ポイントを解説する通信講座や予備校は必要不可欠なものです。

 

一次試験に失敗した人で、再度公務員試験に再チャレンジする人で、公務員試験用のポイントをおさえた効率的な学習指導として、お勧めの教材をご紹介しています。

 

公務員試験短期合格メソッド / 難問がスラスラ解ける学習方法

 

是非、ご参考にして頂き、次回の公務員試験に合格して下さい!

前のページ 次のページ
 

一次試験に失敗した人へ 勉強時間は一日6時間越・最長10時間 関連ページ

二次試験に失敗した人へ 面接は本音+対策・落とすための試験
公務員試験の二次試験面接は本音+対策が基本で、落とすための試験であると認識しましょう。落とす理由を探す面接ですから、通り一辺倒な受け答えでは受かりません。面接官と同じ質問が出来る講師からの指導を受けるのがベストです。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead