公務員になりたい転職したい人へ - 地方公務員がお勧め

公務員に転職を望む際にチェックする事 地方公務員がお勧め

公務員に転職を望むならば、社会人に門を開く地方公務員採用枠を狙いましょう。地方公務員の場合、年齢制限の枠が広がり高齢な方でも応募OKの場合があります。ネットで情報収取し、また転職支援サイトに登録することをお勧めします。

インターネットで情報収集し社会人に門を開く地方公務員採用枠を狙う

既に会社に就職し働いているが、色々な面で安定した職業・立場といえる公務員に転職したい…

 

先ずはインターネットで情報収集を

地方公務員の募集情報をネットで

地方公務員の
募集情報をネットで

従来の日本企業の特色、そして働く側としては安心の要素であった日本独自のシステムである「年功序列」「終身雇用」が事実上崩壊し、倒産やリストラの心配がない公務員に転職したいと憧れるのは、当然ともいえるでしょう。

 

公務員に転職したいと考えるならば、先ずは募集要項をインターネットで調べましょう

 

国家公務員に転職したいならば、人事院の「国家公務員試験採用情報ナビ」をチェックします。

 

地方公務員の場合は、各市町村の自治体のホームページをチェックしましょう。

 

社会人に門を開く地方公務員採用枠

 

公務員の募集要項の中で、まず気になる、チェックしなければならないのは、応募が出来る「年齢制限」の条件です。

 

国家公務員の場合、受験年度の4月1日付けで、21歳以上29歳未満というのが一般的となっています。

 

つまり29歳以上ですと受験資格が無い、転職のチャレンジが出来ない事となります。

 

それに対して地方公務員の場合ですと、自治体によったはこの年齢制限の枠が大きく広がり、かなり高齢な方でも応募OKの場合があります。

 

事務などの業務を行う一般公務員では無い「専門分野業務」「民間企業経験者」での募集ですと、40歳から制限無しというケースもあります。

 

公務員であれば国家公務員でも地方公務員でも構わない、とにかく公務員に成りたい、転職したいと考えるならば、地方公務員の方が比較的、実現の可能性が高くなるといえるでしょう。

 

地方公務員や団体職員の求人は、民間の転職支援サービスサイトでも公表され、またそのサービス経由で応募ができます。

 

こちらのカテゴリー「転職サイトから公務員・団体職員・NPO法人の求人に応募する」でお勧めしていますように、チャンスを逃さない、また求人情報をメールで受け取るためにも、特に年齢制限が支障となる方は1つ1つの求人案件の年齢要綱チェックのためにも転職支援サイトへの登録を強くお勧めします。

前のページ 次のページ
 

公務員に転職を望む際にチェックする事 地方公務員がお勧め 関連ページ

公務員にも緊急募集がある 急募の求人情報を見逃さない
公務員も企業と同様に定期採用以外で、緊急で人材を募集する場合があります。公務員求人情報は自治体の広報に掲載されますが、自治体のホームページ、転職支援サイト、公務員試験用の塾・予備校でいち早く情報を入手しましょう。
公務員と同等の企業・法人を転職・再就職先の候補に加える
公務員の転職・再就職で年齢制限がネックとなり応募が出来ない方も少なくありません。そんな中高年の方に、公務員と同等か、むしろ公務員よりも条件・環境・待遇が良い民間企業や法人に就職することを選択肢に加えることをお勧めします。
公務員・準公務員になるため就活中に準備や確認をしておく事
公務員や準公務員として就職するには、応募時もしくは採用(任用)前に、健康診断書と資格証明書が必要になります。健康診断書は、持病があっても採用される可能性があるので、事実をしっかり記載してもらうことが大切です。
公務員以上の条件・環境・待遇の企業・法人への転職例
公務員以上の条件・環境・待遇の企業・法人への転職・再就職を希望される方は、無料の転職支援サイト・人材斡旋会社の活用をお勧めします。転職支援サイト登録の際は、公務員等の求人情報配信サービスにも登録することをお勧めします。
公務員に転職を望む社会人のハンディーキャップを自覚する
公務員に転職を望む、民間企業に勤務を続ける社会人にはライバルとなる学生に比べて、時間的なハンディーキャップがあることを自覚する必要があります。相当の勉強量、学習量、知識量が必要で、充分に心して一次試験に臨むべきです。
自治体が公務員として社会人に求めるものと企業での経験
社会人が公務員へ転職・再就職を希望する際には、自治体の社会人経験者募集の主旨が行政サービス改善を目的とした人材募集であることを十分に理解し、採用されるためには企業での経験を職務経歴書で自己PRすることが重要です。
公務員試験前に自治体を徹底的に調査理解し自己管理を
公務員に就職・転職する場合でも企業への就職活動と同様に勤務先を十分に調査して理解し求人に応募するべきです。自治体が取り組んでいる内容、最近のイベント、提供サービス内容など、徹底的にチェックし理解するようにしましょう。
公務員に転職をしたいが勉強量が心配な社会人の方へ
社会人の公務員への転職・再就職でのハンディーキャップとなる時間の制限に依る勉強量不足に関しては、社会人のメリットであるお金が自由に使えることで対処しましょう。勉強時間を有効的にするノウハウを、お金で手にする事は可能です。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead