公務員に転職を望む際にチェックする事 地方公務員がお勧め

インターネットで情報収集し社会人に門を開く地方公務員採用枠を狙う

既に会社に就職し働いているが、色々な面で安定した職業・立場といえる公務員に転職したい…

 

 

先ずはインターネットで情報収集を

地方公務員の募集情報をネットで

地方公務員の
募集情報をネットで

従来の日本企業の特色、そして働く側としては安心の要素であった日本独自のシステムである「年功序列」「終身雇用」が事実上崩壊し、倒産やリストラの心配がない公務員に転職したいと憧れるのは、当然ともいえるでしょう。

 

公務員に転職したいと考えるならば、先ずは募集要項をインターネットで調べましょう

 

国家公務員に転職したいならば、人事院の「国家公務員試験採用情報ナビ」をチェックします。

 

地方公務員の場合は、各市町村の自治体のホームページをチェックしましょう。

 

社会人に門を開く地方公務員採用枠

公務員の募集要項の中で、まず気になる、チェックしなければならないのは、応募が出来る「年齢制限」の条件です。

 

国家公務員の場合、受験年度の4月1日付けで、21歳以上29歳未満というのが一般的となっています。

 

つまり29歳以上ですと受験資格が無い、転職のチャレンジが出来ない事となります。

 

それに対して地方公務員の場合ですと、自治体によったはこの年齢制限の枠が大きく広がり、かなり高齢な方でも応募OKの場合があります。

 

事務などの業務を行う一般公務員では無い「専門分野業務」「民間企業経験者」での募集ですと、40歳から制限無しというケースもあります。

 

公務員であれば国家公務員でも地方公務員でも構わない、とにかく公務員に成りたい、転職したいと考えるならば、地方公務員の方が比較的、実現の可能性が高くなるといえるでしょう。

 

地方公務員や団体職員の求人は、民間の転職支援サービスサイトでも公表され、またそのサービス経由で応募ができます。

 

こちらのカテゴリー「転職サイトから公務員・団体職員・NPO法人の求人に応募する」でお勧めしていますように、チャンスを逃さない、また求人情報をメールで受け取るためにも、特に年齢制限が支障となる方は1つ1つの求人案件の年齢要綱チェックのためにも転職支援サイトへの登録を強くお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク