公務員に転職を望む社会人のハンディーキャップを自覚する

公務員を目指す学生に打ち勝ち合格するには相当の勉強量が必要

当然ですが、一般の企業で働くサラリーマンが公務員になるには、転職するのは公務員試験という壁を乗り越えなくてはなりません。

 

 

就職先としての公務員の人気

試験合格には勉強量が必要

試験合格には
勉強量が必要

昨今、新卒の学生の多くも公務員になることを目指し日々勉強をしています。

 

会社でフルタイムで働きながら、プラーベートな時間を割いて学生に打ち勝つには、相当の勉強量が必要となることは自明の理といえるでしょう。

 

多くのライバルに依る高い競争率、低い合格率…

 

合格する為には、どれだけの勉強量が必要となるか、当サイトの「一次試験に失敗した人へ 平均勉強時間は一日6時間以上最長10時間」でご案内していますので、参考にして下さい。

 

ペーパーテスト結果のみで勝負が決まる世界

公務員試験には、一次試験と二次試験がありますが、筆記試験である一次に合格しない限り、二次には進めません。

 

第一の難関は、この一次試験突破ですが、ここで勝負の分け目は勉強量、学習量、知識量となります。

 

公務員を目指す学生、公務員への転職を願う社会人、それらの人々と公平な立場で争うこととなります。

 

テストの採点結果が全ての世界です。

 

1問でも多い正解を答えることで、突破できる難関です。

 

甘えも、妥協も、支援も何も無い、自力だけで自分の運命を切り拓くためのテストです。

 

不合格とならないため、充分な備えのため、合格ラインをクリアーするだけの勉強量が必要となり、言い方を変えれば、その勉強量をクリアーし、充分な知識を身につけた者だけが次の二次試験を受ける権利を得るのです。

 

特に時間的なハンディーキャップを持つ社会人は、充分に心して一次試験に臨むべきです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク