公務員試験前に自治体を徹底的に調査理解し自己管理を

公務員試験に臨み自治体を充分に理解し会社は辞職せず受験する

一般企業に就職・転職する場合、誰しもその会社の業務内容・業績・歴史などを調べ、給与・待遇・従業員数なども詳しくチェックするでしょう。

 

 

見逃し勝ちな自治体への充分な理解

自治体を良く勉強しておく

自治体を良く勉強しておく

自分の生活がかかった事ですし、企業側としても会社を十分に理解して入社してもらう方が互いのメリットとなります。

 

これは自治体の公務員に就職・転職する場合でも全く同じです。

 

意外に見落とし勝ちな注意点ですが、自治体が重点的に取り組んでいる内容・目標から最近のイベント、提供しているサービスの内容などなど、その自治体を徹底的にチェックし、理解・把握するようにしましょう。

 

そこから、その自治体が目指しているものを把握し、その進む方向に自分が公務員として、どのように貢献出来るのか、良く考えるようにします。

 

これも二次試験の面接で、面接官に問われる可能性が高い重点項目です。

 

転職前に会社を辞めるのは得策では無い

どうしても公務員になりたい、転職を成功させたい、その一心で背水の陣ともいえる、勤める会社を辞めて公務員試験に挑戦する人も居るようです。

 

しかし会社を辞めて、無職の立場で試験を受けるのは当サイト管理人はお勧めしません。

 

その理由は、採用側の印象が決して良くないからです。

 

会社を辞めて、公務員試験に落ちたら、その人は無職のままです。

 

これでは、その人の自身の生活に対しての自己管理・リスク管理能力が無い、という印象を与える事と成り得ます。

 

また面接官に依っては、「会社を辞めて試験を受ける」事に、一種の脅しを感じるかも知れません。

 

無職という精神的なストレスで、勉強に没頭出来ない可能性もありますので、会社を辞めて、という選択肢は持たないようにして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク