公務員になりたい転職したい人へ - 試験前に自治体を徹底的に調査理解し自己管理を

公務員試験前に自治体を徹底的に調査理解し自己管理を

公務員に就職・転職する場合でも企業への就職活動と同様に勤務先を十分に調査して理解し求人に応募するべきです。自治体が取り組んでいる内容、最近のイベント、提供サービス内容など、徹底的にチェックし理解するようにしましょう。

公務員試験に臨み自治体を充分に理解し会社は辞職せず受験する

一般企業に就職・転職する場合、誰しもその会社の業務内容・業績・歴史などを調べ、給与・待遇・従業員数なども詳しくチェックするでしょう。

 

見逃し勝ちな自治体への充分な理解

 

自治体を良く勉強しておく

自治体を良く勉強しておく

自分の生活がかかった事ですし、企業側としても会社を十分に理解して入社してもらう方が互いのメリットとなります。

 

これは自治体の公務員に就職・転職する場合でも全く同じです。

 

意外に見落とし勝ちな注意点ですが、自治体が重点的に取り組んでいる内容・目標から最近のイベント、提供しているサービスの内容などなど、その自治体を徹底的にチェックし、理解・把握するようにしましょう。

 

そこから、その自治体が目指しているものを把握し、その進む方向に自分が公務員として、どのように貢献出来るのか、良く考えるようにします。

 

これも二次試験の面接で、面接官に問われる可能性が高い重点項目です。

 

転職前に会社を辞めるのは得策では無い

 

どうしても公務員になりたい、転職を成功させたい、その一心で背水の陣ともいえる、勤める会社を辞めて公務員試験に挑戦する人も居るようです。

 

しかし会社を辞めて、無職の立場で試験を受けるのは当サイト管理人はお勧めしません。

 

その理由は、採用側の印象が決して良くないからです。

 

会社を辞めて、公務員試験に落ちたら、その人は無職のままです。

 

これでは、その人の自身の生活に対しての自己管理・リスク管理能力が無い、という印象を与える事と成り得ます。

 

また面接官に依っては、「会社を辞めて試験を受ける」事に、一種の脅しを感じるかも知れません。

 

無職という精神的なストレスで、勉強に没頭出来ない可能性もありますので、会社を辞めて、という選択肢は持たないようにして下さい。

前のページ 次のページ
 

公務員試験前に自治体を徹底的に調査理解し自己管理を 関連ページ

公務員に転職を望む際にチェックする事 地方公務員がお勧め
公務員に転職を望むならば、社会人に門を開く地方公務員採用枠を狙いましょう。地方公務員の場合、年齢制限の枠が広がり高齢な方でも応募OKの場合があります。ネットで情報収取し、また転職支援サイトに登録することをお勧めします。
公務員にも緊急募集がある 急募の求人情報を見逃さない
公務員も企業と同様に定期採用以外で、緊急で人材を募集する場合があります。公務員求人情報は自治体の広報に掲載されますが、自治体のホームページ、転職支援サイト、公務員試験用の塾・予備校でいち早く情報を入手しましょう。
公務員と同等の企業・法人を転職・再就職先の候補に加える
公務員の転職・再就職で年齢制限がネックとなり応募が出来ない方も少なくありません。そんな中高年の方に、公務員と同等か、むしろ公務員よりも条件・環境・待遇が良い民間企業や法人に就職することを選択肢に加えることをお勧めします。
公務員・準公務員になるため就活中に準備や確認をしておく事
公務員や準公務員として就職するには、応募時もしくは採用(任用)前に、健康診断書と資格証明書が必要になります。健康診断書は、持病があっても採用される可能性があるので、事実をしっかり記載してもらうことが大切です。
公務員以上の条件・環境・待遇の企業・法人への転職例
公務員以上の条件・環境・待遇の企業・法人への転職・再就職を希望される方は、無料の転職支援サイト・人材斡旋会社の活用をお勧めします。転職支援サイト登録の際は、公務員等の求人情報配信サービスにも登録することをお勧めします。
公務員に転職を望む社会人のハンディーキャップを自覚する
公務員に転職を望む、民間企業に勤務を続ける社会人にはライバルとなる学生に比べて、時間的なハンディーキャップがあることを自覚する必要があります。相当の勉強量、学習量、知識量が必要で、充分に心して一次試験に臨むべきです。
自治体が公務員として社会人に求めるものと企業での経験
社会人が公務員へ転職・再就職を希望する際には、自治体の社会人経験者募集の主旨が行政サービス改善を目的とした人材募集であることを十分に理解し、採用されるためには企業での経験を職務経歴書で自己PRすることが重要です。
公務員に転職をしたいが勉強量が心配な社会人の方へ
社会人の公務員への転職・再就職でのハンディーキャップとなる時間の制限に依る勉強量不足に関しては、社会人のメリットであるお金が自由に使えることで対処しましょう。勉強時間を有効的にするノウハウを、お金で手にする事は可能です。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead