公務員と同等の企業・法人を転職・再就職先の候補に加える

公務員よりも条件・環境・待遇が良い学校法人に転職成功した知人の例

公務員の転職、再就職には年齢制限が、つきまといます。

 

中高年の方の場合、これが障害となり公務員に転職が出来ない、そもそも応募が出来ない方も少なくありません。

 

専門分野での業務経験者や民間企業での管理職経験者の場合、40歳以上、または年齢制限無しの募集もありますが、いつもある募集でもなく、また募集人数にも限りがあります。

 

公務員に転職したいという方の動機はそれぞれですが、しかし多いのは、その安定度です。

 

倒産、リストラ、クビになる心配が無い、それらを心配せず働けるというのは、やはり大きな魅力です。

 

ではそういう安定した就職先、職種というのは公務員だけでしょうか?

 

 

私の知人の実際のケース 1

転職サイトから転職に成功

転職サイトから
転職に成功

私の知人で、いわゆるブラック企業で営業をしていた男性がいます。

 

毎日夜の10時近くまで残業、ノルマが厳しく、月の売上が目標に達しない場合は全員の前で罵詈雑言を浴びせられる…

 

そんな彼が公務員に転職したいと考え、色々な情報を集めましたが、当時40歳の後半であった彼、年齢制限で応募が出来ませんでした。

 

たまたま彼の甥が私立高校の教師になったのが、彼の転職成功のきっかけでした。

 

甥に私立学校での事務、用務員の仕事内容を聞き、それなら公務員に求める条件と同じである事に気が付きました。

 

私立学校法人の仕事内容

インターネットで幾つかの転職支援サイトに登録し、学校法人の事務に的を絞り何件かに応募し、見事採用となり転職に成功しました。

 

配属先は、「事務・庶務一般」で雑務を全て担当する仕事で、デスクワークだけではなく、例えば蛍光灯の交換などもするそうです。

 

彼の転職先の学校法人は小学・中学・高校の一貫私立学校で、残業は多くて月に20時間。

 

安定した法人経営で、給料もボーナスもしっかり貰っています。

 

学校という職場ですので以前のブラック企業のようなパワーハラスメントもリスクも無く、とても働きやすいと転職の成功を喜んでいます。

 

彼は、「大成功の転職だった。」と話してくれました。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク