社会人の公務員転職のポイント

「社会人の公務員転職のポイント」の記事一覧

お勧めの地方公務員
公務員に転職を望む際にチェックする事 地方公務員がお勧め

既に会社に就職し働いているが、色々な面で安定した職業・立場といえる公務員に転職したい…先ずはインターネットで情報収集を地方公務員の募集情報をネットで従来の日本企業の特色、そして働く側としては安心の要素であった日本独自のシステムである「年功序列」「終身雇用」が事実上崩壊し、倒産やリストラの心配がない公務員に転職したいと憧れるのは、当然ともいえるでしょう。公務員に転職したいと考えるならば、先ずは募集要...

続きを読む
急募の求人情報
公務員にも緊急募集がある 急募の求人情報を見逃さない

公務員にも一般企業と同様に、毎年の定期採用以外に、緊急で人材を募集する場合があります。欠員などに依る急募のチャンスを見逃さない緊急募集のチャンスを見逃さない公務員に転職したいと望む人は、この緊急募集を見逃さない事も、チャンスを逃さない手段となります。特に地方公務員の場合、この緊急募集が少なからず行われています。欠員などに対する地方公務員の緊急募集の情報は、自治体の広報などにも掲載されますが、いち早...

続きを読む
公務員と同等の企業・法人
公務員と同等の企業・法人を転職・再就職先の候補に加える

公務員の転職、再就職には年齢制限が、つきまといます。中高年の方の場合、これが障害となり公務員に転職が出来ない、そもそも応募が出来ない方も少なくありません。専門分野での業務経験者や民間企業での管理職経験者の場合、40歳以上、または年齢制限無しの募集もありますが、いつもある募集でもなく、また募集人数にも限りがあります。公務員に転職したいという方の動機はそれぞれですが、しかし多いのは、その安定度です。倒...

続きを読む
就活中の準備確認
公務員・準公務員になるため就活中に準備や確認をしておく事

公務員や準公務員を目指すなら、健康状態と取得資格の見直しが必要です。どちらも応募時もしくは、試験に合格した後に書類が必要になるので、早めに確認しておきましょう。持病があっても公務員になれるのか健康診断書と資格証明書公務員や準公務員の就職・転職の際には、採用(任用)までの間に健康診断書の提出を求められます。生活習慣の乱れから健康診断で基準を超えるような値が例年出ているのであれば、就職や転職に関わらず...

続きを読む
公務員以上の企業・法人
公務員以上の条件・環境・待遇の企業・法人への転職例

実際の例として、公務員よりも良いと思われる待遇・環境・条件・仕事内容である私立学校法人に、ブラック企業から転職した知人の件をご紹介しましたが、次は公務員への転職を希望していたわけではないが、結果的に転職先が公務員以上の環境であった知人の例をご紹介します。私の知人の実際のケース 2公務員以上の好条件彼の転職先は信用組合で、金融系です。基本的に残業は無し、また信用組合の規定で年次有給休暇、また誕生日休...

続きを読む
社会人のハンディーキャップ
公務員に転職を望む社会人のハンディーキャップを自覚する

当然ですが、一般の企業で働くサラリーマンが公務員になるには、転職するのは公務員試験という壁を乗り越えなくてはなりません。就職先としての公務員の人気試験合格には勉強量が必要昨今、新卒の学生の多くも公務員になることを目指し日々勉強をしています。会社でフルタイムで働きながら、プラーベートな時間を割いて学生に打ち勝つには、相当の勉強量が必要となることは自明の理といえるでしょう。多くのライバルに依る高い競争...

続きを読む
社会人に求めるもの
自治体が公務員として社会人に求めるものと企業での経験

地方公務員の募集枠には、比較的年齢制限の緩い「専門分野業務」「民間企業経験者」の募集があります。募集に社会人経験者の枠がある理由を考える社会人経験者を採用する背景この募集枠の目的は、従来の自治体の仕事・成果が、「お役所仕事」といわれる紋切型である事、旧態依然としたものである事、型にはまった業務・サービスに陥りがちである事、つまり市民が望む・求めるサービスと隔たりがある事からの反省から発生しているも...

続きを読む
自治体を調査理解
公務員試験前に自治体を徹底的に調査理解し自己管理を

一般企業に就職・転職する場合、誰しもその会社の業務内容・業績・歴史などを調べ、給与・待遇・従業員数なども詳しくチェックするでしょう。見逃し勝ちな自治体への充分な理解自治体を良く勉強しておく自分の生活がかかった事ですし、企業側としても会社を十分に理解して入社してもらう方が互いのメリットとなります。これは自治体の公務員に就職・転職する場合でも全く同じです。意外に見落とし勝ちな注意点ですが、自治体が重点...

続きを読む
勉強量が心配な社会人
公務員に転職をしたいが勉強量が心配な社会人の方へ

日中フルタイムで会社で仕事をする一般の社会人は、同じ公務員を目指す学生と比べ、自由に使える時間、つまり勉強をする時間に於いて絶対的なハンディーキャップを持っているといえます。社会人ならではのメリットはお金の自由度社会人のメリットを活かすしかし反面、学生と比べ社会人のメリットは、お金がある程度、自由に使えるという点です。親の脛をかじる学生と違い、働いている社会人は自分で稼いだお金を、特に自分への投資...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク