公務員になりたい転職したい人へ - 準公務員・みなし公務員の職業

準公務員・みなし公務員 どんな職業をさすのか

準公務員・みなし公務員とは、公務員ではないが公務員に求められるような公共性や公益性を持つ仕事をしている人を指す言葉です。一般的な企業の従業員に比べて安定性があり、長く勤められるというメリットがあります。

準公務員・みなし公務員は公益性・公共性がもとめられる仕事をする人

「公務員」という言葉を調べていると、しばしば「準公務員」「みなし公務員」という言葉がヒットすることがあります。

 

名前から考えても、「どうやら本当の意味での『公務員』ではない」とわかると思いますが、では具体的にはどんな公務員で、どんな職業をさすのでしょうか。

 

公益性・公共性がもとめられる仕事

 

公益性・公共性の準公務員

公益性・公共性の
準公務員

準公務員も、みなし公務員も、同意義語として使われます。

 

ここでは「準公務員」という言い方に統一しましょう。

 

準公務員というのは、簡単にいうと、「公務員ではないけれど、公務員に求められるような公共性や公益性を持つ仕事をしているひと」ということになります。

 

たとえば、駐車の監視員や郵便局員 ( 内容証明などの業務のみ ) 、銀行員や国立大学の職員などです。

 

「待遇が悪いから」という理由で、郵便局や銀行の職員がストライキをしてしまうと、日本経済や生活が立ち行かなくなりますよね。

 

そのため、彼らは「公務員」ではないものの、「公務員に近い存在」である「準公務員」と認められ、ストライキなどの行動に制限があります。

 

また、NTTの職員などは贈収賄罪などについてだけ法律的な縛りがあります。

 

待遇について

 

待遇については一概にはいえませんが、上記でふれたように「公益性」というところが大きく出てくるので、副業禁止などの制約があります。

 

ただその分、一般的な企業に比べて安定性があり長く勤められる、ということは確かです。

 

低賃金の傾向にありますが、安全性という意味ではかなり有利でしょう。

 

いち早く情報を入手して応募するには

 

準公務員は、年齢や職歴に関わりがなく採用されるところから人気が高く求人が出ても、すぐに募集人数が埋まってしまう、求人が締め切りとなる場合が多々あります。

 

このような人気の高い準公務員の求人募集の情報は、いち早く入手して応募する必要があります。

 

準公務員に転職・再就職をしたい、求人情報をいち早く手にしたいとお考えの方にお勧めなのは、無料の転職支援・求人情報サイトの活用です。

 

登録すれば、新規の求人発生をメールで教えてくれる、こちらの「転職サイトから公務員・団体職員・NPO法人の求人に応募する」でご紹介しています、無料の転職支援サイトに登録することをお勧めします。

 

なかでも、「リクナビNEXT」と「マイナビエージェント」が、大手で求人扱い数が多いこと、求人の検索が簡単という面で、お勧めとなっています。

 

登録だけでもしておけば、どんな準公務員の仕事の求人があるのか、その待遇や条件には、どのようなモノがあるのか学ぶことも出来ます。

前のページ 次のページ
 

転職サイトから公務員求人情報を


 リクナビNEXT

転職者の80%が利用しているリクナビNEXTは、新着の求人数が毎週1千件、独占求人が85%以上の転職サイトです。さまざまな求人情報だけでなくスカウトやオファメール、転職ノウハウコンテンツなど、就職・転職・再就職活動で活用をお勧めするサービスです。



 マイナビエージェント

マイナビエージェント

業界職種に精通したアドバイザーから活動アドバイスやノウハウ、企業情報などの就職支援が個別に受けられるサービスがマイナビエージェントです。人事や採用担当者とパイプを持つアドバイザーが、応募書類の添削、面接対策などの支援を行い就職や転職を支援します。



 マイナビエージェント 女性の転職

マイナビエージェント 女性の転職

女性のための女性コンサルタントによる人材紹介サービスです。女性にしか分からないキャリアや転職の悩みに対応し、転職先の仕事・待遇・人間関係を知ることが出来る人材紹介です。女性の転職の成功、女性のキャリアアップ支援を行う就職・転職支援サービスです。

人気の公務員試験合格の教材


 公務員 面接試験 一発合格講座

公務員面接試験 一発合格講座

国家公務員であった公務員面接試験研究所の必勝マニュアルです。面接試験の評価で最も重要視される要素の解説、合格するための指導書です。コンセプトは、「自分を売るためには相手の気持ちが分らなければならない」で、既卒でも無職でも高得点が取れ採用されるマニュアルとなっています。

準公務員・みなし公務員 どんな職業をさすのか 関連ページ

準公務員の具体的な待遇  給料・休み・その他
準公務員の具体的な待遇をお伝えします。準公務員の一番大きなメリットは、民間企業とは比較にならない安定性の高さです。また、デメリットは低賃金ということです、仕事の内容に関しては職場に依りさまざまとなっています。
準公務員になる転職するには 求人情報チェック
準公務員は、職種や職場で採用条件が変わりますので、こうすれば確実になれる、転職できるという答えは存在しません。資格・学歴・経験・素質の基本は普通の就職活動と同じですから、就職可能ところを絞り込み情報収集をしましょう。
なりやすさ転職しやすさでの準公務員職種の例
なりやすい、転職しやすい準公務員の職種の一例としては、駐車監視員があげられます。採用条件はほとんどない、と言っても過言ではなく14時間の講習を受けたあと、合格率70%を超える試験を受け合格すれば資格を得ることができます。
準公務員の求人情報 どうやってゲットする
準公務員や団体職員の求人情報を探す際、インターネットを駆使して情報を集めるのは基礎の基礎です。すぐに採用枠が埋まってしまいますので、転職や就職を有利に迅速に進めるために、転職支援サイトへの登録をお勧めします。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead