準公務員・みなし公務員 どんな職業をさすのか

準公務員・みなし公務員は公益性・公共性がもとめられる仕事をする人

「公務員」という言葉を調べていると、しばしば「準公務員」「みなし公務員」という言葉がヒットすることがあります。

 

名前から考えても、「どうやら本当の意味での『公務員』ではない」とわかると思いますが、では具体的にはどんな公務員で、どんな職業をさすのでしょうか。

 

 

公益性・公共性がもとめられる仕事

公益性・公共性の準公務員

公益性・公共性の
準公務員

準公務員も、みなし公務員も、同意義語として使われます。

 

ここでは「準公務員」という言い方に統一しましょう。

 

準公務員というのは、簡単にいうと、「公務員ではないけれど、公務員に求められるような公共性や公益性を持つ仕事をしているひと」ということになります。

 

たとえば、駐車の監視員や郵便局員 ( 内容証明などの業務のみ ) 、銀行員や国立大学の職員などです。

 

「待遇が悪いから」という理由で、郵便局や銀行の職員がストライキをしてしまうと、日本経済や生活が立ち行かなくなりますよね。

 

そのため、彼らは「公務員」ではないものの、「公務員に近い存在」である「準公務員」と認められ、ストライキなどの行動に制限があります。

 

また、NTTの職員などは贈収賄罪などについてだけ法律的な縛りがあります。

 

待遇について

待遇については一概にはいえませんが、上記でふれたように「公益性」というところが大きく出てくるので、副業禁止などの制約があります。

 

ただその分、一般的な企業に比べて安定性があり長く勤められる、ということは確かです。

 

低賃金の傾向にありますが、安全性という意味ではかなり有利でしょう。

 

いち早く情報を入手して応募するには

準公務員は、年齢や職歴に関わりがなく採用されるところから人気が高く求人が出ても、すぐに募集人数が埋まってしまう、求人が締め切りとなる場合が多々あります。

 

このような人気の高い準公務員の求人募集の情報は、いち早く入手して応募する必要があります。

 

準公務員に転職・再就職をしたい、求人情報をいち早く手にしたいとお考えの方にお勧めなのは、無料の転職支援・求人情報サイトの活用です。

 

登録すれば、新規の求人発生をメールで教えてくれる、こちらの「転職サイトから公務員・団体職員・NPO法人の求人に応募する」でご紹介しています、無料の転職支援サイトに登録することをお勧めします。

 

なかでも、「リクナビNEXT」と「マイナビエージェント」が、大手で求人扱い数が多いこと、求人の検索が簡単という面で、お勧めとなっています。

 

登録だけでもしておけば、どんな準公務員の仕事の求人があるのか、その待遇や条件には、どのようなモノがあるのか学ぶことも出来ます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク