公務員になりたい転職したい人へ - 準公務員になるには求人情報をチェック

準公務員になる転職するには 求人情報チェック

準公務員は、職種や職場で採用条件が変わりますので、こうすれば確実になれる、転職できるという答えは存在しません。資格・学歴・経験・素質の基本は普通の就職活動と同じですから、就職可能ところを絞り込み情報収集をしましょう。

準公務員になる転職するには就職可能ところを絞り情報収集を

「準公務員になるにはどうしたらいいか」と問われても、「こうすれば確実になれる」という答えは存在しません。

 

というのも、職種や職場によって採用条件が大きく変わってくるからです。

 

資格・学歴・経験・素質の基本は普通の就職活動と同じ

 

資格・学歴・経験・素質

資格・学歴・経験・素質

準公務員の採用試験、と言っても、基本的には普通の就職活動と大きく変わるところはありません。

 

大事なのは、資格、学歴、経験、素質です。

 

資格に関しては、「何一つ持っていなくてもOK」というところから、「○○と××が必須」とするところまでさまざまです。

 

学歴についてですが、たとえば郵便局の正社員枠だと、現在はほぼ大卒( 短大卒や専門学校卒も含める )で、こちらが中心になります。

 

高卒でも採用されるケースはありますが、大卒の方が有利であることには間違いがありません。

 

「経験」は、もちろんあれば有利ですが、逆に年齢制限にひっかかる場合もあります。

 

先にあげた郵便局などは、21歳以上33歳未満です。

 

「素質」というのは言うまでもなく、その職業に対する適正です。

 

面接などでは、これも見られると覚えておきましょう。

 

情報を取り入れる

 

「準公務員になりたい」と思うなら、まず情報を集めましょう。

 

上で述べたように、一口に準公務員といっても、条件は大きく違います。

 

そのためあなたが、年齢や学歴、資格などで疑問が生じてしまう状況であるなら、「自分が就職可能なのはどこなのか」から絞り込んでいくほうが早いです。

 

情報収集という面でも、こちらの「転職サイトから公務員・団体職員・NPO法人の求人に応募する」のカテゴリーでご紹介しています、無料の転職支援・求人情報サイトに登録することをお勧めします。

 

特に、「リクナビNEXT」は求人情報数の多さで最もお勧めとなっています。

前のページ 次のページ
 

準公務員になる転職するには 求人情報チェック 関連ページ

準公務員・みなし公務員 どんな職業をさすのか
準公務員・みなし公務員とは、公務員ではないが公務員に求められるような公共性や公益性を持つ仕事をしている人を指す言葉です。一般的な企業の従業員に比べて安定性があり、長く勤められるというメリットがあります。
準公務員の具体的な待遇  給料・休み・その他
準公務員の具体的な待遇をお伝えします。準公務員の一番大きなメリットは、民間企業とは比較にならない安定性の高さです。また、デメリットは低賃金ということです、仕事の内容に関しては職場に依りさまざまとなっています。
なりやすさ転職しやすさでの準公務員職種の例
なりやすい、転職しやすい準公務員の職種の一例としては、駐車監視員があげられます。採用条件はほとんどない、と言っても過言ではなく14時間の講習を受けたあと、合格率70%を超える試験を受け合格すれば資格を得ることができます。
準公務員の求人情報 どうやってゲットする
準公務員や団体職員の求人情報を探す際、インターネットを駆使して情報を集めるのは基礎の基礎です。すぐに採用枠が埋まってしまいますので、転職や就職を有利に迅速に進めるために、転職支援サイトへの登録をお勧めします。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead