公務員になりたい転職したい人へ - なりやすさでの準公務員職種の例

なりやすさ転職しやすさでの準公務員職種の例

なりやすい、転職しやすい準公務員の職種の一例としては、駐車監視員があげられます。採用条件はほとんどない、と言っても過言ではなく14時間の講習を受けたあと、合格率70%を超える試験を受け合格すれば資格を得ることができます。

なりやすい・転職しやすい準公務員の職種の一例紹介

「学歴はないけど、準公務員になりたい」

 

「経験はないけれど、一生懸命がんばりたい」

 

「準公務員になりたい、転職したいけれど、もう年だし…」

 

準公務員を志しているけれど、条件の厳しさで心がおれそう…そう考えているひとはいませんか?

 

ここでは、「なりやすさ」に重点をおいて、一例を紹介します。

 

駐車監視員はなりやすい! 条件はほとんどないと言っても過言ではない

 

なりやすい準公務員

なりやすい準公務員

もっともなりやすい、転職しやすい準公務員の一例としてとりあげるのは、「駐車監視員」。

 

これは、その名前のとおり、駐車違反の車を監視―取り締まることができます。

 

かつては警察の仕事でしたが、車の増加や人手不足にともない、民間企業であっても執り行うことができるようになりました。

 

この職業につくには、条件はほとんどありません。

 

実施していない地域ではない、ということさえクリアしてしまえれば、あとは年齢も学歴も関係ないのです。

 

年齢が満18歳未満であるもの

 

暴力事件や不法行為を起こす可能性があるもの

 

薬物およびアルコールの中毒者

 

は除く、という規定がありますが、これにあてはまる人はいないでしょう。

 

14時間の講習を受けたあと試験を受け、それに合格すれば資格を得ることができます。

 

試験合格率も70パーセントを超えますし、受講料金も20000円以下と割安です。

 

「契約」「アルバイト」というデメリット

 

駐車監視員の最大のデメリットは、アルバイト雇用や契約社員が多いこと。

 

ただ月収は20万円前後とそれなりに高く、高齢者も採用されます

 

このような準公務員の求人募集の情報をいち早く入手する、応募するためには、こちらの「転職サイトから公務員・団体職員・NPO法人の求人に応募する」でご紹介しています転職支援サイトに登録することをお勧めします。

前のページ 次のページ
 

なりやすさ転職しやすさでの準公務員職種の例 関連ページ

準公務員・みなし公務員 どんな職業をさすのか
準公務員・みなし公務員とは、公務員ではないが公務員に求められるような公共性や公益性を持つ仕事をしている人を指す言葉です。一般的な企業の従業員に比べて安定性があり、長く勤められるというメリットがあります。
準公務員の具体的な待遇  給料・休み・その他
準公務員の具体的な待遇をお伝えします。準公務員の一番大きなメリットは、民間企業とは比較にならない安定性の高さです。また、デメリットは低賃金ということです、仕事の内容に関しては職場に依りさまざまとなっています。
準公務員になる転職するには 求人情報チェック
準公務員は、職種や職場で採用条件が変わりますので、こうすれば確実になれる、転職できるという答えは存在しません。資格・学歴・経験・素質の基本は普通の就職活動と同じですから、就職可能ところを絞り込み情報収集をしましょう。
準公務員の求人情報 どうやってゲットする
準公務員や団体職員の求人情報を探す際、インターネットを駆使して情報を集めるのは基礎の基礎です。すぐに採用枠が埋まってしまいますので、転職や就職を有利に迅速に進めるために、転職支援サイトへの登録をお勧めします。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead