なりやすさ転職しやすさでの準公務員職種の例

なりやすい・転職しやすい準公務員の職種の一例紹介

「学歴はないけど、準公務員になりたい」

 

「経験はないけれど、一生懸命がんばりたい」

 

「準公務員になりたい、転職したいけれど、もう年だし…」

 

準公務員を志しているけれど、条件の厳しさで心がおれそう…そう考えているひとはいませんか?

 

ここでは、「なりやすさ」に重点をおいて、一例を紹介します。

 

 

駐車監視員はなりやすい! 条件はほとんどないと言っても過言ではない

なりやすい準公務員

なりやすい準公務員

もっともなりやすい、転職しやすい準公務員の一例としてとりあげるのは、「駐車監視員」。

 

これは、その名前のとおり、駐車違反の車を監視―取り締まることができます。

 

かつては警察の仕事でしたが、車の増加や人手不足にともない、民間企業であっても執り行うことができるようになりました。

 

この職業につくには、条件はほとんどありません。

 

実施していない地域ではない、ということさえクリアしてしまえれば、あとは年齢も学歴も関係ないのです。

 

  1. 年齢が満18歳未満であるもの
  2. 暴力事件や不法行為を起こす可能性があるもの
  3. 薬物およびアルコールの中毒者

は除く、という規定がありますが、これにあてはまる人はいないでしょう。

 

14時間の講習を受けたあと試験を受け、それに合格すれば資格を得ることができます。

 

試験合格率も70パーセントを超えますし、受講料金も20000円以下と割安です。

 

「契約」「アルバイト」というデメリット

駐車監視員の最大のデメリットは、アルバイト雇用や契約社員が多いこと。

 

ただ月収は20万円前後とそれなりに高く、高齢者も採用されます

 

このような準公務員の求人募集の情報をいち早く入手する、応募するためには、こちらの「転職サイトから公務員・団体職員・NPO法人の求人に応募する」でご紹介しています転職支援サイトに登録することをお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク