公務員になりたい転職したい人へ - 警察官の頭の固さや前時代的な考え

警察官の頭の固さや前時代的な考えが受け入れられない

警察官を家族に持つ者へのデメリットとして、警察官という職業柄からか、警察官の頭の固さや前時代的なモノの考えが、互いに受け入れられないケースに遭遇するということがあげられます。私が経験した実例でご説明します。

警察官の父の言葉やスタイルは警察官ならではのモノかキャラクターか

警察官は頭が固い、というイメージを抱いているひとも多いと思います。

 

「固い」というよりも、「前時代的である」と表現したほうが的確な気がしました。

 

実際私が言われてしまった、衝撃的な語録をどうぞ。

 

父の言葉 スタイル

 

警察官の父

警察官の父

父は2013年時点で63歳という年齢。

 

ものすごくものすごく前時代的な考えのひとでした。

 

「夫唱婦随、女は男に従って当たり前、子供と女は動物だから、殴ってしつけないとわからない」という理念の持ち主でした。

 

ですが芯が通った所はあって、「過失は仕方ない」というひとでした。

 

お風呂掃除をしていた母が、いきなり入ってきた父に驚いて思わずぶつかり、ガラスを割って数針縫う怪我になったときも、父は「わざとじゃないんだから仕方ない」と一言も怒りませんでした。

 

同僚の人たちとの会話

 

私の母が亡くなった時、さまざまな理由で四十九日が終わった直後に私は家をでたのですが、

 

「結婚するまでお父さんの面倒をみるのが当たり前」

 

「家にお金をいれていたとしても、家事は女性がやるものだ」

 

「シチューとかの洋食しか作ってやらないなんて、お父さんがかわいそう」

 

「再婚もしていないお父さんを残して、結婚ならいざ知らず、一人暮らしをするために家を出るなんて人非人か」

 

と、散々に父の同僚からも責められました

 

人非人なんて言葉、日常会話ででてくるなんて思いもしませんでした!

 

消防士を父に持つ友人も、「一人暮らしは絶対ダメだって言われている、女は家から嫁ぐものだと譲らない」と嘆いていました。

前のページ 次のページ
 

警察官の頭の固さや前時代的な考えが受け入れられない 関連ページ

警察官の家族としてプライバシーがないというデメリット
警察官という公務員を家族に持つデメリットとして、プライバシーがないということがあげられます。私の実体験で、ご近所の密なつながりで、警察官の家族として誰かが自分を知っているという状況に置かれるケースが多くありました。
公務員としての転勤が警察官家族にデメリットとなる場合も
警察官の公務員としての数多い転勤が、家族にデメリットとなる場合もあります。私は警察官の家族として、2年に1回くらいの割合で合計18回の引っ越しをしていますが、よそ者として扱われたり、思い出がないという経験があります。
警察官家族は「駐在さんの家族だから」という言葉にとりつかれる
警察官の家族が受けるデメリットの1つに、どこまでいっても駐在さんという言葉にとりつかれることもあげられます。駐在さんの家族なんだからと、真面目に生きることを強制される空間が出来上がり、特に思春期にはしんどい思いをします。
駐在所に住む警察官家族が受けるデメリットの言いがかり
警察官家族が受けるデメリットに、警察官の家である駐在所に住む公務員家族に対する言いがかりもあげられます。多かれ少なかれ、どんな駐在所も味わっている私達家族が経験した怖いシチュエーションの実例をご紹介します。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead