公務員になりたい転職したい人へ - 公務員家族は地方での就職・結婚に有利

公務員家族は地方での就職・結婚に有利というメリット

警察官という公務員家族のメリットとして先ずあげられるのは身元がかたいということで、特に地方での就職、また結婚に有利であることがあげられます。就職では雇う側の安心が、そして結婚では不都合がないという面で有利です。

警察官で公務員の家族であるということがもたらすメリット

物事には、必ず良い面と悪い面があります。

 

今回は公務員家族として受けることが出来るメリット、良い面に焦点をあてましょう。

 

地方での就職はやっぱり有利!

 

就職は有利

就職は有利

就職には、やっぱり「親が固い職業である」ということがメリットになってきます。

 

これは結構顕著で、その会社に入った後に、「もう一人の子とも迷ったんだけど、本人の能力や履歴書が似たりよったりなら、親御さんの仕事先が固いほうが、雇う側としては安心するんだよ」と言われました。

 

公務員はこの点ではとても強いですね。

 

ほかには、名前の通った一部上場企業や地元密着型の企業なども強いです。

 

「身元調査」ということ

 

結婚のとき、相手の身元調査ってしましたか?

 

警察官の家系(警察官だけではなく、公務員やある程度社会的地位のあるひとならば当然かもしれませんが)には、これは必須なんです。

 

当時現職だった父に聞いたら、「娘の配偶者に犯罪歴があったからといって、クビになることはない。ただ警察官としての出世は絶望的」と言われました。

 

私の義父は当時、とある一部上場企業の子会社の社長だったこともあり、やっぱり身元調査は行われたようです。

 

結婚後聞きました。

 

このように、「結婚に際して不都合がない」というのが、公務員家庭であることのメリットのひとつである、と言うことができると思います。

 

愛があれば関係ないわ、というのは正論ですが、うまくやっていけるに越したことはありませんからね!

前のページ 次のページ
 

公務員家族は地方での就職・結婚に有利というメリット 関連ページ

警察官という公務員は退職後も老後生活に困らないメリット
警察官という公務員自身と家族が受ける大きなメリットとして、退職時も退職後も生活に困らないというものがあります。定年後も嘱託として勤務を続け安定した収入を得て、高額な老人ホームも購入した私の家族の実例をご紹介します。
警察官の転勤は年度途中と県外は無いというメリット
警察官で地方公務員の場合、転勤は年度の途中で引っ越すという可能性はほとんどゼロで、また県内の移動だけです。また子供の年齢が大きく考慮され、転勤を断っても出世に響くということはあまりありません。
公務員優遇措置で安く官舎に住めお金が借りられるメリット
警察官は、公務員の優遇措置で安く官舎に住むことが出来ますし、また公務員という肩書で警察官という職業からくる信頼性でお金が借りやすいというメリットがあります。この2つのメリットのお蔭で早く家が持てました。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead