公務員家族は地方での就職・結婚に有利というメリット

警察官で公務員の家族であるということがもたらすメリット

物事には、必ず良い面と悪い面があります。

 

今回は公務員家族として受けることが出来るメリット、良い面に焦点をあてましょう。

 

 

地方での就職はやっぱり有利!

就職は有利

就職は有利

就職には、やっぱり「親が固い職業である」ということがメリットになってきます。

 

これは結構顕著で、その会社に入った後に、「もう一人の子とも迷ったんだけど、本人の能力や履歴書が似たりよったりなら、親御さんの仕事先が固いほうが、雇う側としては安心するんだよ」と言われました。

 

公務員はこの点ではとても強いですね。

 

ほかには、名前の通った一部上場企業や地元密着型の企業なども強いです。

 

「身元調査」ということ

結婚のとき、相手の身元調査ってしましたか?

 

警察官の家系(警察官だけではなく、公務員やある程度社会的地位のあるひとならば当然かもしれませんが)には、これは必須なんです。

 

当時現職だった父に聞いたら、「娘の配偶者に犯罪歴があったからといって、クビになることはない。ただ警察官としての出世は絶望的」と言われました。

 

私の義父は当時、とある一部上場企業の子会社の社長だったこともあり、やっぱり身元調査は行われたようです。

 

結婚後聞きました。

 

このように、「結婚に際して不都合がない」というのが、公務員家庭であることのメリットのひとつである、と言うことができると思います。

 

愛があれば関係ないわ、というのは正論ですが、うまくやっていけるに越したことはありませんからね!

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク