公務員になりたい転職したい人へ - 世間体を重んじるメリットとデメリット

公務員が世間体を重んじるメリットとデメリット

公務員は世間体が命と良く言われます。この公務員が世間体を重んじるということは、デメリットとメリットの両方があります。デメリットは公務員としての立場を優先せざるを得ないところ、メリットは真面目であるということです。

警察官という公務員の父がくれた真面目さは両親が私にくれた宝物

よく、「公務員は世間体が命だから……」という言葉が出てきますよね。

 

漫画、小説、ドラマ。

 

たくさんのメディアでとりあげられています。

 

実際のところはどうなのでしょうか。

 

「冷たい」と言われても

 

公務員と世間体

公務員と世間体

母が事故を起こしたとき、父はとても怒ったといいます。

 

「警察官の妻が誰かをはねたらどうする、俺の立場はどうなる」と。

 

彼の言葉は、ひどく冷たいと感じるでしょう。

 

私もそう思いました。

 

でも警察社会の中で、この「世間体」というのは、本当に、本当に大事なんですよ。

 

「今はどうかわからないけど、わしの時代は、結婚していない人間っていうのはあまり重用されなかった。家庭ももてない人間に何がわかる、と言われてな」

 

とは父本人の言葉です。

 

デメリットだけじゃない

 

しかしこの「世間体を重んじる」ということは、決して悪いことばかりではありません。

 

いろいろな感情があるものの、世間体を慮ってのこともあるでしょうが、「とにかく真面目に」と私を育てた両親には感謝しています。

 

結果論と言われればそれまでではあるのですが。

 

お付き合いを始めて4年、結婚して7年、母のいない私を実の娘のようにかわいがってくれる義母と明るい義父、理解ある夫に囲まれてすごしていますが、夫が私を好きになった理由は、「真面目だから」というものです。

 

この「真面目さ」は、両親が私にくれた宝物だと思っています。

 

「駐在さん」のところでは、「強制力を持っている」と書きましたが、それは必ずしも悪い方向に進むとは言えないのです。

前のページ 次のページ
 

公務員が世間体を重んじるメリットとデメリット 関連ページ

公務員は全体の奉仕者であるということと家族
公務員の家族として、公務員とは全体の奉仕者であるということを考えさせられる、私達家族が経験した事案をご紹介します。まず一つ目は、家族の大きな転機となる、母親の死に対する公務員の対応での経験談です。
全体の奉仕者の公務員の立場と父親としての立場
母の死の際と同様に公務員の家族として、全体の奉仕者である警察官という職業の公務員の父の考えと、家族の考えについて考えさせられた事例として、私の結婚に対する父の態度についての経験談をお伝えします。
警察官という公務員の父と自由業の娘との確執
公務員である警察官の父は私にも公務員になることを勧め、そして望んでいました。それに対して私は両親の猛反発にあいながらも、自由業の道を歩んでいます。公務員の家庭に育った私と父の関係、現在のようすをお伝えします。
父は警察官という公務員として尊敬すべき人物で私の誇り
私の父親は警察官として尊敬すべき人物でした。警察官という公務員としての職務に忠実であったことは私の誇りとなっています。警察官の家族として真面目に生きることの大切さを学べたことは、大きな宝物だったと感じています。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead