公務員になりたい転職したい人へ - 全体の奉仕者と父親としての立場

全体の奉仕者の公務員の立場と父親としての立場

母の死の際と同様に公務員の家族として、全体の奉仕者である警察官という職業の公務員の父の考えと、家族の考えについて考えさせられた事例として、私の結婚に対する父の態度についての経験談をお伝えします。

私の結婚式の挙式場所に関しても警察官としての要望をした父について

母の死と同様に、「公務員であること」を強く考えさせられた場面がもう一つあります。

 

それが、ほかならぬ私自身の結婚式です。

 

まずは「場所」が問題になる

 

私の結婚式

私の結婚式

私の結婚式はドイツで行いました。

 

そのあとフランスを回るコースですね。

 

海外で式をしたほうが安上がりだし、海外挙式は夢だったのでそうしました。

 

(後日友人を招いて1.5次会、別口で親戚にお披露目という形をとりましたが)

 

このときも父には反対されましたね。

 

もちろん海外に行ってはいけないというわけではないのですが、海外旅行は政治的な問題もあって望ましいとはされないこと、事件が入る可能性もあることを考えてのことでした。

 

ずいぶん説得されましたが、気持ちに変わりはなく、「すべてを私の貯金から出すのだから、こればかりは譲る気はない」と押し切りました。

 

結婚式3日前

 

思えば私が父に、「私のために休みをとってくれ」と頼んだのは、これが最初でした。

 

「最初で最後だから」という言葉に父は、「とりあえず行く手配をする」とは答えてくれましたが、それも、「直前で大きな事件が入れば行けなくはなる」と「但し書き」がついていました。

 

そのため私は、夫や義理の両親にもそのことは説明し、姉一人の臨席になるかもしれない旨を伝えました。

 

当時も昔も、「場所をかえろ」という言われ方には腹を立てましたが、「事件が入ったら無理かもしれない」という言葉に関しては、何も思うところはありません。

 

母の死のときと同様、それが公務員としての「仕事」だからです。

前のページ 次のページ
 

全体の奉仕者の公務員の立場と父親としての立場 関連ページ

公務員が世間体を重んじるメリットとデメリット
公務員は世間体が命と良く言われます。この公務員が世間体を重んじるということは、デメリットとメリットの両方があります。デメリットは公務員としての立場を優先せざるを得ないところ、メリットは真面目であるということです。
公務員は全体の奉仕者であるということと家族
公務員の家族として、公務員とは全体の奉仕者であるということを考えさせられる、私達家族が経験した事案をご紹介します。まず一つ目は、家族の大きな転機となる、母親の死に対する公務員の対応での経験談です。
警察官という公務員の父と自由業の娘との確執
公務員である警察官の父は私にも公務員になることを勧め、そして望んでいました。それに対して私は両親の猛反発にあいながらも、自由業の道を歩んでいます。公務員の家庭に育った私と父の関係、現在のようすをお伝えします。
父は警察官という公務員として尊敬すべき人物で私の誇り
私の父親は警察官として尊敬すべき人物でした。警察官という公務員としての職務に忠実であったことは私の誇りとなっています。警察官の家族として真面目に生きることの大切さを学べたことは、大きな宝物だったと感じています。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead