歯科衛生士は公務員? その待遇と問題点

狭き門の公務員の歯科衛生士は歯の啓蒙活動や指導に携わります

今まで紹介してきた看護士や保育士と同じように、歯科衛生士もまた、勤め先で公務員か否かがわかれる職業です。

 

ただし看護士や保育士が、民間であろうと公務員であろうと、業務内容にはさして差がなかったことに比べ、歯科衛生士の場合は明確な違いがあります。

 

 

公務員の歯科衛生士は歯の啓蒙活動や指導に携わる

歯科衛生士は公務員?

歯科衛生士は
公務員?

歯科医院でよくお世話になる歯科衛生士は、ご存知の通り、診察や施術の補佐を仕事とします。

 

しかし公務員として採用された場合、基本的にこのような実務は行いません。

 

では何をするか。

 

小学校の頃、健康診断などのときに、歯のことについて勉強しませんでしたか?

 

公務員である歯科衛生士は、そのような、歯の啓蒙活動や指導に携わるのです。

 

そのほか、衛生指導などの相談業務を執り行ない、歯の健康のために仕事をするのです。

 

狭き門の公務員の歯科衛生士

このように「指導者」としての立場をとることから、それ相応の経験値や優秀さが求められます。

 

また欠員枠がなければ採用されないので、かなり狭き門と言えます。

 

年齢制限もあるので、更に厳しくなるでしょう。

 

公務員としての就職を選んだ場合、安定や休暇が保証され、雇用も安定します。

 

対して民間の場合、ある程度自分が自由に仕事を選択でき、日々新しい刺激があるという点で優れています。

 

歯科衛生士は他の職種に比べ、若い新卒が求められがちな傾向があります。

 

卒業後初めに決める就職先がこれからの人生に大きく影響するので、決断は慎重に。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク