公務員になりたい転職したい人へ - 不祥事は多いのか?

公務員の不祥事は多いのか? 統計と報道の温度差

テレビ報道などを見ていると公務員の不祥事が多いように思えますが、検挙率は2.6%で犯罪率は高くありません。公務員は公平で信用のおける立場であることが要求され、一旦それが破られれば強烈な砲火を浴びせられる傾向にあります。

公務員の検挙率は2.6パーセントで犯罪率は決して高くない

テレビなどの報道を見ていると、公務員の犯罪が非常に多いように思えてきます。

 

ではこの「不祥事」や「犯罪」における報道は、果たして公平なのでしょうか?

 

公務員の検挙率は2.6パーセント

 

公務員の検挙率

公務員の検挙率

少し昔のデータになりますが、まず全正社員数中公務員の割合は19パーセント

 

犯罪や不祥事における公務員の検挙率はわずか2.6パーセントに留まっています。

 

この数字が大きく変動することは少なく、犯罪や不祥事にしめる公務員の割合がいかに少ないかということを示す、貴重なソースとなっています。

 

では何故、公務員の不祥事が非常に多く感じられ、報道が激化しているのでしょうか?

 

公務員の犯罪率は決して多くない

 

「私たちが食わせてやっているのだから、厳しく監視して当然」というような感情論はこの際おいておきましょう。

 

公務員は法律の中で、「全体の奉仕者」であること明言されており、その行動や言葉においても、公益性と公平性を保つことが求められます。

 

ストライキなどの権限がないこと、政治的行為が禁じられていること、営利団体との結びつきが制御されていることも、ここに含めていいでしょう。

 

このように、公務員は法的に見ても「公平で信用のおける立場」であることが強く要求されます。

 

そのため、一旦それが破られれば、民間よりも強烈な砲火を浴びせられます。

 

これは公務員という職業の宿命であり、透明性を保つ為にある意味必要なことです。

 

しかし大勢の公務員は真面目に職務に励んでいるのですから、「公務員の犯罪率が多い」というようなデタラメな報道に対しては、懐疑心を持つことが求められます。

前のページ 次のページ
 

公務員の不祥事は多いのか? 統計と報道の温度差 関連ページ

親方日の丸は過去のこと? 公務員の給与削減問題
2012年、国家公務員の給与削減を皮切りに地方公務員の給与削減が実施されました。この措置は2014年度以降は延長されませんが今後の日本経済の動向で、どうなるかは分かりません。給与に関する公務員の現実の声をお伝えします。
公務員の副業は絶対禁止? 許される報酬と許されない副業
公務員の副業は法律で禁止されています。ですが公務員であっても、例えば実家がお寺である、もしくは農業であるケースなど、実家手伝いの報酬は副業とはなりません。家で行える内職なども時間的制約がなくセーフの場合もあるようです。
公務員独特のトラブル問題 決して楽な仕事ではない
公務員は一般の企業と違い、業績の悪化などで解雇となったり、会社倒産で無職となるリスクは全くありません。間違いなく安定性は抜群です。しかし、決して楽な仕事でもありません。公僕である公務員ならでのトラブル体験をお伝えします。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead