公務員になりたい転職したい人へ - 給与削減問題

親方日の丸は過去のこと? 公務員の給与削減問題

2012年、国家公務員の給与削減を皮切りに地方公務員の給与削減が実施されました。この措置は2014年度以降は延長されませんが今後の日本経済の動向で、どうなるかは分かりません。給与に関する公務員の現実の声をお伝えします。

公務員の給与削減と公務員の現実の声

かつて、公務員といえば、「給料はそこそこだけど昇給していくし、将来安心だし、絶対に給与は下がらない」という認識でした。

 

しかし日本全体が不景気に陥り、「税金から捻出される公務員の給与を削減すべし」という動きが出てきました。

 

公務員の給与削減

 

公務員の給与削減

公務員の給与削減

2012年、国家公務員の給与削減を皮切りに、地方公務員の給与削減も実施されることになりました。

 

この措置は、2014年度以降は延長されませんが、しかし今後の日本経済の動向に依っては、どうなるかは分かりません。

 

2012年から実施された削減率は7.8パーセント

 

仮に年収が500万円だとして、4,610,000円まで下がることになります。

 

毎月の収入が3万4千円くらい下がる、と考えるとわかりやすいでしょうか。

 

このように給与削減を話題にするとき、「地方公務員の平均年収は700万円を越えるのだから当然だ」という意見を耳にします。

 

また逆に、「そんなことはない、今は40代で650万円くらいだ」という声もあるでしょう。

 

実際私が周囲の公務員に尋ねたところ、現実に近いのは下の意見でした。

 

公務員の現実の声

 

ただ彼らが口をそろえて言うのは、「確かに、労働量に比べて不当な給料をもらっている人間もいる」ということ。

 

また、「結局いくら一生懸命働いても、逆にさぼっていても給料は変わらないのだから、ばかばかしい」という意見もあります。

 

同時に聞こえてくるのは、「7.8パーセントもカットされたら生きていけない」「大卒で4年働いているのに、カットされたら手取りが14万円台だ」という嘆きです。

 

一律カットというのが時代にそぐわないとも思いますが、個別に対応しようとすると、時間がかかるのも事実。

 

どんな形態になるかは、結果を待つほかなさそうです。

前のページ 次のページ
 

親方日の丸は過去のこと? 公務員の給与削減問題 関連ページ

公務員の不祥事は多いのか? 統計と報道の温度差
テレビ報道などを見ていると公務員の不祥事が多いように思えますが、検挙率は2.6%で犯罪率は高くありません。公務員は公平で信用のおける立場であることが要求され、一旦それが破られれば強烈な砲火を浴びせられる傾向にあります。
公務員の副業は絶対禁止? 許される報酬と許されない副業
公務員の副業は法律で禁止されています。ですが公務員であっても、例えば実家がお寺である、もしくは農業であるケースなど、実家手伝いの報酬は副業とはなりません。家で行える内職なども時間的制約がなくセーフの場合もあるようです。
公務員独特のトラブル問題 決して楽な仕事ではない
公務員は一般の企業と違い、業績の悪化などで解雇となったり、会社倒産で無職となるリスクは全くありません。間違いなく安定性は抜群です。しかし、決して楽な仕事でもありません。公僕である公務員ならでのトラブル体験をお伝えします。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead