公務員になりたい転職したい人へ - 警察官のキャリア組とノンキャリア組の差

警察官のキャリア組とノンキャリア組の差は天と地の差

警察官にはキャリア組とノンキャリア組とがあることは、ご存じの方も多いでしょう。警察のキャリア組とは、国家公務員第一種試験を合格したエリートをさします。ノンキャリア組の格差は、どの公務員よりも厳しくなっています。

警察官のキャリア組とノンキャリア組の格差はどの公務員よりも厳しい

「キャリア組」「ノンキャリア組」という言い方は、色んなドラマや漫画、小説などで出てきますし、ご存知の方が多いのではないでしょうか。

 

今回はこの警察官の「キャリア組」についてみていきましょう。

 

エリートのキャリア組

 

警察官のキャリア組とは

警察のキャリア組とは

警察におけるキャリア組とは、国家公務員第一種試験を合格したエリートをさします。

 

ノンキャリア組は巡査→(巡査長)→巡査部長→警部補→警部→警視→警視正……と昇進していきます。

 

しかしキャリア組は、いきなり警部補から始まるのです。

 

ちなみにノンキャリア組が警部補になろうとすると、かなりの勉強が必要であり、定年までを巡査部長の職ですごす人は決して少なくありません。

 

ノンキャリア組でありながら警視正、更には警視長(警視正の更に上)にまでいきつく人もゼロではありませんが、「限りなくゼロに近い」パーセンテージでしかありません。

 

どの公務員よりも厳しい差

 

対して警部補から始まったキャリア組は、7年後に全員警視に昇進します。

 

スタート地点も早ければ、出世も一足飛びなのです。

 

警察庁という組織において、キャリア組とノンキャリア組の格差は明確であり、他のどの公務員よりも厳しいのです。

 

このように明確に分かれているため、当然ノンキャリア組からの不満がわきあがります。

 

現場経験もろくにないのに、知識だけで十も二十も上の人間をアゴでこきつかう、という反発が多く、確執が生まれています。

 

ドラマなどで描かれる対立構造は、大げさではありますが的外れではありません。

前のページ 次のページ
 

警察官のキャリア組とノンキャリア組の差は天と地の差 関連ページ

警察官になりたい志望動機の問いには本音を形成して答える
警察官採用試験の面接では、本当の志望動機が公務員で安定しているからだとしても、それをそのまま言う必要などなく、本音という土台を言葉遣いや態度で形成するようにしましょう。実体験に基づいた志望動機を述べると良いでしょう。
身近な警察官の交番のおまわりさんは地方公務員
私達に最も身近な警察官である交番のおまわりさんは地方公務員で、そのほとんどがノンキャリア組です。国家公務員になるケースは非常に稀で、地域に密着し住民との距離を縮め、犯罪抑止の力になる大きな役割をになっている公務員です。
ドラマで憧れる私服刑事にはどうやったらなれるか
ドラマや映画に出てくる私服姿の刑事に憧れる人も少なくないようです。国家公務員第一種合格者以外の警察官は採用後、地方の交番などに巡査という一番下の階級で配属されますが、刑事になるには、そこから実績をあげる必要があります。
女性警官になる道は険しく勤務・給料面で性差はない
近年、女性警察官が増えていますが、女性警察官になるためのスペックはとてもハイレベルで、非常に険しいものです。仕事は、身体検査や性犯罪の調査、交通指導などが主ですが、夜勤もこなすし、給料面でも性差はありません。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead