身近な警察官の交番のおまわりさんは地方公務員

おまわりさんのほとんどがノンキャリア組の地方公務員

子供の頃、落し物の100円玉を握り締めて、交番に「おまわりさん!」と飛び込んだことはありませんか?

 

このように私たちに近い「おまわりさん」は、地方公務員です。

 

 

ほとんどがノンキャリア組のおまわりさん

身近なおまわりさん

身近なおまわりさん

地方公務員とはその名前の通り、石川県なら石川県に、愛知県なら愛知県に奉職する公務員のことです。

 

彼らのほとんどがノンキャリア組です。

 

キャリア組は、すぐに出世し国家公務員になってしまいます。

 

巡査~警視までが地方公務員であり、警視正の試験にうかると、一旦地方公務員の職を辞します。

 

そして新たに国家公務員としての職を得ることになるのです。

 

ほとんどのおまわりさんは地方公務員として

警察組織というのは、各県で自立しており、自治権を持っています。

 

しかし国全体の危機―たとえばゲリラやテロ―に対し、一致団結してあたるために、それぞれの県のトップ(警視正はその地方のNO2です。

 

地方の警察署の署長には警視が就任しますが、県庁所在地などの大きなところでは、警視正が署長になることもあります)は国家公務員として働くことになります。

 

地方公務員は転勤が多いのですが、あくまで「県」の職員であるため、その転勤は同じ県内にとどまります。

 

そこで駐在所や交番などに勤め、定年を迎えるのです。

 

国家公務員一種の項で触れましたが、地方公務員として採用された後に国家公務員になるケースは非常にレアです。

 

ほとんどの地方公務員は地方公務員として職業人生を終えます。

 

しかし地域に密着し、住民との距離を縮め、犯罪抑止の力になるという意味で大きな役割をになっていると言えます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク