警察官になるために警察学校で取得する資格

警察官になるには普通二輪免許と無線免許が必須です

警察官になるためには、二つの資格を取らなければなりません。

 

警察学校で、必ず取得させられるのが、普通二輪免許と無線免許の二つです。

 

 

普通二輪免許と無線免許は必須

警察官には普通二輪と無線免許が必須

警察官には普通二輪と
無線免許が必須

警察官の連絡は無線で行います。

 

「何で携帯電話を使わないの?」という疑問もわくでしょう。

 

しかし無線には、「多くの人に一度に連絡が出来る」という最大の利点があります。

 

緊急事態で応援を呼ばなければいけないときに、一人一人に連絡なんてできませんよね。

 

また普通二輪は、交番の勤務でバイクを乗るのに必要です。

 

この二つは必須ですが、警察官のほとんどが次の二つも持っています。

 

普通自動車免許と柔道又は剣道初段

それは普通自動車免許と柔道もしくは剣道初段

 

自動車免許がなければパトカーに乗れませんし、後者は必ず警察学校で習わされます。

 

よってこの二つを持っていない警察官はめったにいません。

 

(一応持っていなくても警察官になることは可能です)

 

剣道や柔道での段位は有利か?

ちなみによく聞かれることの一つに、「学生時代剣道や柔道で段位を取得していたら有利になるの?」というものがあります。

 

結論から言えば、あまり意味はありません。

 

どちらにしろ警察学校では全員習いますし、ほとんどの人間がそこで初段をとります。

 

ただし、以下の二点の状況においては有利に働くことがあります。

 

① その競技において、極めて優秀な成績を修めている場合

 

全国大会でベスト8以上になるなど、一芸に秀でている場合は優遇されます。

 

② 片方を落とさなければいけないとき

 

合格ライン上にまったく同じ成績で並んだ場合、最後の判断材料として考慮される場合があります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク