公務員になりたい転職したい人へ - 警察官定年は60歳で退職金はサラリーマンと同じ

警察官の定年は60歳で退職金は大卒サラリーマンとほぼ同じ

警察官の定年は60歳で退職金は一般的大卒サラリーマンと同じくらいの金額です。具体例では、高校卒業後18才で警察に就職、定年まで勤めた巡査部長で2500~3000万円ほどです。定年は60歳ですが、再就職先には困りません。

警察官の定年は60歳だが再就職先には困らない

警察官の定年は60歳です。

 

65まで伸ばすかどうかの議論は何度かなされていますが、まだ変わっていません。

 

他の公務員と同じように、60歳で定年退職となります。

 

警察官の退職金

 

高額な警察官の退職金

高額な警察官の退職金

退職のときには、当然退職金が支払われます。

 

高いイメージがありますが、一般的な大卒のサラリーマンと大体同じくらいの金額になっています。

 

それでは具体的な金額を見ていきましょう。

 

まず念頭に置いて欲しいのが、警察官の場合は「役職よりも勤め上げた年数に大きく左右される」という事実です。

 

計算式は基本給×勤めた期間(月数)です。

 

このように計算式だけみても、見当をつけることは難しいでしょう。

 

具体例を出しますと、高校卒業後18才の時点で警察に就職、以後定年まで勤め上げた巡査部長の場合、大体2500~3000万円の間くらいとなります。

 

人によってはこの退職金でマイホームのローンを完済、というケースもあり、決して左団扇の生活が出来る訳ではありません。

 

警察官は転勤が多いので家を買う勇気が持てず、40台に入ってから家を建てる人も珍しくないからです。

 

退職後の警察官の人生

 

さて定年退職後の警察官の人生に触れましょう。

 

このまま楽隠居に入る人もかなりいます。

 

長期の旅行に行く際は上司に申請が必要だった現役時代から解放され、海外などに足を伸ばす人も多いです。

 

再就職をする場合、条件は悪くなりますが、就職先には困りません

 

「警察官を定年まで勤めた」という「勲章」の力は思いのほか大きく、警備会社などへの就職が容易だからです。

前のページ 次のページ
 

転職サイトから公務員求人情報を


 リクナビNEXT

転職者の80%が利用しているリクナビNEXTは、新着の求人数が毎週1千件、独占求人が85%以上の転職サイトです。さまざまな求人情報だけでなくスカウトやオファメール、転職ノウハウコンテンツなど、就職・転職・再就職活動で活用をお勧めするサービスです。



 マイナビエージェント

マイナビエージェント

業界職種に精通したアドバイザーから活動アドバイスやノウハウ、企業情報などの就職支援が個別に受けられるサービスがマイナビエージェントです。人事や採用担当者とパイプを持つアドバイザーが、応募書類の添削、面接対策などの支援を行い就職や転職を支援します。



 マイナビエージェント 女性の転職

マイナビエージェント 女性の転職

女性のための女性コンサルタントによる人材紹介サービスです。女性にしか分からないキャリアや転職の悩みに対応し、転職先の仕事・待遇・人間関係を知ることが出来る人材紹介です。女性の転職の成功、女性のキャリアアップ支援を行う就職・転職支援サービスです。

人気の公務員試験合格の教材


 公務員 面接試験 一発合格講座

公務員面接試験 一発合格講座

国家公務員であった公務員面接試験研究所の必勝マニュアルです。面接試験の評価で最も重要視される要素の解説、合格するための指導書です。コンセプトは、「自分を売るためには相手の気持ちが分らなければならない」で、既卒でも無職でも高得点が取れ採用されるマニュアルとなっています。

警察官の定年は60歳で退職金は大卒サラリーマンとほぼ同じ 関連ページ

警察官の年収が高いのは公務員給与と危険性の代償
警察官の年収が高いのは、公務員給与が平均的な生活が基本となっていることと、休みであっても呼び出しがかかれば駆けつけねばならず怪我をする確率も格段に高いという、警察官ならではの危険性に対する代償からです。
警察官になるために警察学校で取得する資格
警察官になるためには普通二輪免許と無線免許が必要です。また、ほとんどの警察官が普通自動車免許と柔道もしくは剣道初段を持っています。採用前に剣道や柔道の段位を持っていなくても、警察学校で習い、ほとんどがそこで初段をとります。
警察官採用試験の受験資格年齢は県によって違う
警察官になれる年齢による受験資格は、学力が高卒相当の場合は17~24歳で、大学卒業の場合は21~38歳です。この年齢は県によって違います。また事務か行政か、志望する方向性でも変りますので、志望者は確認しておきましょう。
警察官官舎は格安だがプライベートの面で問題
警察官の社宅ともいえる官舎は、正式には警察官待機宿舎と言います。警察官待機宿舎は格安で借りられるというメリットはありますが、休みでも収集に応じるべしという面で仕事とプライベートの分離ができないというデメリットがあります。
警察官の勤務体系は有事以外は規則的で事務職員は土日休み
警察官の勤務は不規則と考える人も多いようですが有事以外は規則的で、また警察官でも一般事務職員は土日が休みです。ですが事件などが起こると、家に帰ることも出来ない状態になり、そういう意味では非常に不規則とも言えるでしょう。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead