公務員になりたい転職したい人へ - 警察官の勤務体系は有事以外は規則的

警察官の勤務体系は有事以外は規則的で事務職員は土日休み

警察官の勤務は不規則と考える人も多いようですが有事以外は規則的で、また警察官でも一般事務職員は土日が休みです。ですが事件などが起こると、家に帰ることも出来ない状態になり、そういう意味では非常に不規則とも言えるでしょう。

警察官の勤務体系は勤務日・非番・休みのパターンのローテーション

警察官といえば不規則な勤務体系、勤務時間。

 

そう考える人も多いのではないでしょうか。

 

有事以外は規則的な勤務体系

 

土日休みの警察官も

土日休みの警察官も

これはあながち、間違いではありません。

 

大きな事件などがあれば休みなどふっとんでしまうし、極端な場合、子供の結婚式が海外などで行われる場合は出席が出来なくなる事もあります。

 

しかし有事以外は、規則的な勤務体系になっています。

 

基本は3つのパターンのローテーションです。

 

① 勤務日 基本的に24時間勤務。泊まり勤務、夜勤とも呼ばれます。
② 非番  夜勤明け。①の次の日です。本来は引継ぎをすませ、9~10時には帰宅できますが、現状では仕事上がりは11時くらいが一般的です。
③ 休み  休み。一日丸々休日です。

 

①→②→③→①→②→③→①……の順番でまわっていきます。

 

当然土日は関係ありません。

 

土日が休みの警察官とは?

 

さて、ではタイトルで触れた「土日が休みの警察官」とは何でしょう?

 

まずは一般事務職員。

 

この人たちは特別な事情がない限り、土日祝日年始年末など、カレンダー通りの休みになります。

 

また、課長以上の役職の場合も基本的には土日祝日が休みです。

 

「課長」は地方や署の大きさによって変わりますが、警部補以上~で、主に警部と警視が就きます。

 

もっともこれは全て、「原則的には」という話。

 

上でも軽く触れますが、事件などが起こると、半月や一ヶ月家に帰ることも出来ず、着替えを取りに帰るだけ、という状態になります。

 

その場合は睡眠なども警察施設でとることが多く、そういう意味では非常に不規則と言えるでしょう。

前のページ 次のページ
 

警察官の勤務体系は有事以外は規則的で事務職員は土日休み 関連ページ

警察官の年収が高いのは公務員給与と危険性の代償
警察官の年収が高いのは、公務員給与が平均的な生活が基本となっていることと、休みであっても呼び出しがかかれば駆けつけねばならず怪我をする確率も格段に高いという、警察官ならではの危険性に対する代償からです。
警察官になるために警察学校で取得する資格
警察官になるためには普通二輪免許と無線免許が必要です。また、ほとんどの警察官が普通自動車免許と柔道もしくは剣道初段を持っています。採用前に剣道や柔道の段位を持っていなくても、警察学校で習い、ほとんどがそこで初段をとります。
警察官採用試験の受験資格年齢は県によって違う
警察官になれる年齢による受験資格は、学力が高卒相当の場合は17~24歳で、大学卒業の場合は21~38歳です。この年齢は県によって違います。また事務か行政か、志望する方向性でも変りますので、志望者は確認しておきましょう。
警察官の定年は60歳で退職金は大卒サラリーマンとほぼ同じ
警察官の定年は60歳で退職金は一般的大卒サラリーマンと同じくらいの金額です。具体例では、高校卒業後18才で警察に就職、定年まで勤めた巡査部長で2500~3000万円ほどです。定年は60歳ですが、再就職先には困りません。
警察官官舎は格安だがプライベートの面で問題
警察官の社宅ともいえる官舎は、正式には警察官待機宿舎と言います。警察官待機宿舎は格安で借りられるというメリットはありますが、休みでも収集に応じるべしという面で仕事とプライベートの分離ができないというデメリットがあります。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead