公務員になりたい転職したい人へ - 警察官志望者の身辺調査は存在するが考慮程度

警察官志望者の身辺調査は存在するが考慮される程度

警察官を志望する人の身辺調査は公式見解はありませんが確実に存在します。身辺調査は判断基準として存在しますが、よほど大きな犯罪でなければ採用にあたって考慮される程度で、警察官になれない、出世できないという訳ではありません。

警察官になる人の身辺調査は判断基準として存在するが考慮される程度

警察になりたいなら、身内に犯罪者がいては駄目。

 

結婚相手に犯罪歴があった場合、出世は出来ない。

 

身内が犯罪をおこしたらクビになる。

 

身辺調査にまつわるそんな話を聞いたことはありませんか?

 

身辺調査は存在する

 

身辺調査は確実に存在

身辺調査は確実に存在

身辺調査が行われるかどうかについては、公式の見解はなされていません。

 

しかし確実に存在します。

 

本人は当然として親兄弟、配偶者がいる場合は配偶者、その家族。

 

ではこの身辺調査はどの程度の意味を持つのでしょうか?

 

基本的にはたとえ本人の犯罪歴であれ、「既に罪を償った場合、審査対象にしてはならない」としています。

 

また家族の犯罪歴を引き合いに出し、採用を断ることも許されていません。

 

対面的には、「罪をつぐなった場合及びその親戚縁者の犯罪は、採用や出世には関係しない」という状態です。

 

ですがこれはあくまで「対面的」な話。

 

実際はもちろん違います。

 

判断基準は事実として存在する

 

身内が犯罪を起こした場合、「人を教え導く立場にある人間が、もっとも身近な家族を導けないのか」とその能力を疑問視されます。

 

もちろんこれでクビになることはありません。

 

不採用のや出世見送りの「理由」にされることもありません。

 

しかしこのような「判断基準」は事実として存在するのです。

 

とは言ってもよほど大きな犯罪でなければ、「考慮される」程度です。

 

合格ラインにほぼ同じ成績で並んでいた場合、身辺調査でクリーンな方が選ばれる、というだけの話。

 

「身内に犯罪者がいたら警察官になれない、出世できない」という訳ではありません。

前のページ 次のページ
 

警察官志望者の身辺調査は存在するが考慮される程度 関連ページ

地獄・厳しい・苦しいという言葉がぴったりな警察学校
警察学校は、察官としての資格や姿勢、座学などを学ぶ場所です。警察学校は、警察官としての勉強を積むのと同時に、絶対的な縦社会である警察官の世界で、上からの命令や規則に服従することを学ぶ施設でもあります。
警察官の結婚には相手の理解と配偶者側の身辺調査が必要
警察官が結婚する場合、結婚相手の理解は絶対必要となります。更に配偶者側の身辺調査も必須です。駐在所派遣となれば、家族も警察官一家としての生活を強いられ、私生活よりも仕事が優先という共通認識を持たなければなりません。
警察官を志望する際は負の側面を理解し納得しておく
警察官の仕事は非常に過酷で、安定性や年収の高さを考慮しても効率のよい仕事ではありません。また計算で務まるほど採算性のいい仕事でもありません。志望する人は、警察官の負の側面を良く理解、納得しておくようにしましょう。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧めの【まとめ】 5つの不安とヒント 転職サイトから応募 お勧めの教材・書籍 お勧めの学校・講座

転職ネット powered by TrendLead