警察官を志望する際は負の側面を理解し納得しておく

非常に過酷な警察官という仕事と採算性と理想論

警察官を志す人が志望にあげる理由は、二つあります。

 

一つは現実的な面。

 

高い年収、保証、安定性、社会的な信用、整った福利厚生がその中心でしょう。

 

もう一つは思想面。

 

警察官になって困っている人を助けたい、交通事故を減らしたい、犯罪を減らしたいなどの正義感によるものです。

 

 

非常に過酷な警察官の仕事

過酷な警察官の仕事

過酷な警察官の仕事

警察官の仕事は非常に過酷です。

 

いつ鳴り出すか分からない電話、怪我、逆恨み、酔っ払いの相手、年をとってからも続く夜勤。

 

それらが職業人生中ずっと続きます。

 

安定性や年収の高さを考慮しても、効率のよい仕事ではありません。

 

しかしだからといって、理想だけでも勤め続けることは難しいです。

 

安全のための店内巡回が「客に威圧感を与えるからやめろ」といわれることがあります。

 

酔っ払いに粘着され、暴れられることもあるでしょう。

 

補導した子供の親が逆切れすることもあれば、「税金で食ってるくせに」と罵られることも珍しくありません。

 

警察官という仕事と採算性と理想論

正しく、相手のことを思いやっての言動であっても、受け入れられないという状況には何度も出くわします。

 

お金をもらっていなければやれない仕事だ、とすぐに気がつくでしょう。

 

警察官という仕事は、計算で務まるほど採算性のいい仕事ではありません。

 

そして理想論だけで務められるほど、綺麗な仕事でもありません。

 

警察官は、自分の子供が「警察官になりたい」「警察官と結婚したい」と言えば、嬉しい反面反対するでしょう。

 

ですがそのような「負の側面」を知って尚、志す人がいることは大変喜ばしいことだと思います。

 

頑張ってくださいね。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク